メモアプリ、マインドマップアプリ、ノートアプリ、たくさん持っているし、使っています。ですが、最近よく使うのは、まったく凝った機能のないTouchMemoPaperというシンプルなアプリです。

TouchMemoPaper – Manshiro Ogikubo TouchMemoPaper - Manshiro Ogikubo

こんな風に、画面に付箋を貼るように、テキストボックスを並べていきます。

TouchMemo

このシンプルさが、私の中のごちゃごちゃぐちゃぐちゃした思考の整理に、本当に役立つのです。

TouchMemoPaperでできることは、1枚の画面に付箋のようなタグのようなテキストボックスを、いくつも置いていくことだけ。保存方法は画面ショットを撮るだけ、Evernoteとの連係やその他のクラウドサービスとの連携などは、一切ありません。

ところが、私にとっては、このシンプルさが逆に心地良いのです。

ノート使用中は、画面の上部にツールバーが表示されます。見えてるボタンだけで機能はすべてです。

TouchMemo

左上の付箋のようなアイコンをタップすると、入力画面が表示されるので、テキストを入力して色を選択し、[Done]キーをタップします。ノートに付箋が貼られるので、好きな場所にドラッグして移動します。

この操作を繰り返します。

ノートを保存するには、ツールバーの右から3番目の矢印のアイコンをタップします。すると、画面ショットが撮影されて、ノートがカメラロールに保存されます。

TouchMemo

項目をリストで見たい時は、ツールバーの左から2番目の花のようなアイコンをタップします。

TouchMemo

リストで見られてもテキストとしてエクスポートできないので、文書のアウトラインを作成したいなど、このデータを応用するという目的には使用できません。

私の場合は、カメラロールに保存したノートを、メールでEvernoteに送信しています。

マインドマップでもいいじゃないか、と思われそうですが、マインドマップの場合は、ノードを書いたりつなげたりする過程があり、単語を書き殴っていきたい時にはそれが邪魔なんですね。もちろん、マインドマップでも、単語を書き殴るように書くミニマインドマップを使えばできそうなのですが、アプリでTouchMemoPaperほど軽快に動作するものはまだありません。

また、マインドマップを知らなかった時代に、ノートと付箋以外に、Excelのセルを方眼紙のように設定し、テキストボックスを付箋に見立てて画面に並べて、書籍の構成を考えていた期間が長く、その方法が自分には合っていたのでしょう、今もバラバラの単語を付箋に書いて、貼って、並べ替える、ということをよくやっています。それがTouchMemoPaperを使えば、iPhoneでできるのです(iPad版もある事を知ったので、今度はiPadでも使ってみようと思います)。

そんなわけで、とくに最近の自分の中の混沌を吐き出すツールとして、重宝しています。広告が入っても良ければ、無料版もあります。

Kumi
Leave a reply

コメントを残す