Windows版のATOKが「ATOK 2011」になりました。「なった」と言ったのは、自分から購入してインストールしたわけではなく、「アップデートがあるよ」という通知に従ってインストールしたからです。

昨年(2010年)から、ATOKはWindows版、Mac版とも、1ヶ月300円(税込)の月額制サービスを利用しています。利点は、次の2つ。

1.常に最新の状態のATOKを使える(バージョンアップ含む)
2.年間費用で考えると、毎年バージョンアップのために優待版を購入するより安い

すっかり、ATOK+共同通信社記者ハンドブック辞書がないと、書けない体になってしまいましたわ。

勝手に(?)バージョンアップされたため、何が良くなったのかまだ分からないのですが、使っている内に、「ここがいい!」ということがあったら、また書きます。

ATOK 2011 for Windows [プレミアム] 通常版
ジャストシステム (2011-02-10)
売り上げランキング: 79
Kumi
Leave a reply

コメントを残す