「MOON LIGHT」5回目。千秋楽でした。
ルナレンジャーは衝撃の最終回を迎え、タライも飛びまくり、ハリセンも弾ける千秋楽でした。なんの公演だったか、なんのこっちゃ^_^Aルナレンジャー、前楽はカラーがシャッフルされてましたが、最初に戻りました。が、泰ちゃんの足の開きが狭くて、義くんがギリギリ通れず股に頭突き(*_*)

TAKAちゃんは、仲間も裏切りバンドメンバーもコロしてしまう悪役に。そこで一言。
「やっと二人きりになれたね」
そこにタライが!
ヨロヨロ這いずりながら出てくるヒーローショーのお兄さんKengo!良い子の皆の叫びで、見事ルナレンジャーは死の淵からの生還を遂げるのでした。って、倒れながら、義くんゲラゲラ笑ってるし(笑)
昨日はルナレンジャーがやられただけでしたが、まさかのTAKAちゃん以外全滅させられるとは(笑)

「運命〜SADAME〜」「Bitter Orange」が大好きです。
Bitter Orangeはアルバムに入るのかなぁ?

今回の類くんのタップには驚きました。
普通にかっこいいし、サマになってる。義くんのタップより似合ってる(笑)
この曲の最初、類くんが懐中電灯持ってて皓ちゃんを照らす場面。前楽では、皓ちゃんの靴紐がほどけてるよ、みたいなマイムの後、皓ちゃんが頭をあげる時に類くんがお盆を構えていて、ぶつけ、今までの仕返しをする、というシチュエーションだったのが、楽は、類くんがお盆を先に奪ったものの、皓ちゃんがハリセンを持っていて、ハリセンで類くんの頭をはたくというね(最後の挨拶で、打ち合わせなく、タップがすっ飛ぶところだったと言ってた(笑))。

泰ちゃんナンバーは、途中から出てくる利くんを見てしまう。なんでだろうと考えてみたら、利くんの首の向け方とか傾け方が好きなんだなあと。私的に、タップより、こっちの方が利くんを見てしまうポイントでした。

類くんと泰ちゃんの歌に乱入してくる義くんの振りが、最後ちょっと変わってしまっていて、好きな手振りがなくなってて悲しかったです。始めの方の、泰ちゃんから布をもらってから、2枚の布を持ってくるくる回る所も、初日が一番可愛らしく軽く飛び跳ねながら回っていたような。

だから、何度も通ってしまうわけですが。

楽ということもあって、「キミとボクの住む世界」からスタンディング。端の席だったのですが、案の定、壁というか天井に手を打ち付けました( ̄▽ ̄) 気をつけなきゃと思っていたのですがね。

Seven Starsでは、義くんがセンターになるも何かわけの分からない事を言ってしまってなあなあに(笑)カテコの挨拶では、なんか皆来年来年言ってたけど、まだ、今年始まったばかりだ!!いや、来年もバレンタインショーやってくれるなら嬉しいですけども。

泰ちゃんは、マスクをテーマにした小説を書くそうです。朗読コーナーがあるかもとか(笑)義くんに「1年は意外にすぐだからな」と釘をさされておりました。
新ちゃんも「来年のテーマはガンマンです」とかわけの分からない事を言って、メンをハテナの渦に巻き込んでいました。

皓ちゃんは歌を歌いたいそうですが、「1人で歌うか」と言われ「そんな重荷は背負えません!!」と断言。誰を助っ人に選ぶかと聞かれると、メンバー全員目を合わせないようにそらすもTAKAちゃんにお願いする皓ちゃん。思いっきり嫌がるTAKAちゃん(笑)同い年メンバー3人で歌うという提案で事なきを得ました。

義くんは、今年は「ONE」の年だという立派なご挨拶をしました。そして、カテコの曲「ONE」を歌って終了。

自分の健康もどうなる事かと思いましたが、結果、予定していた公演に無事、すべて通うことができて最高に嬉しかったです。特に、バレンタイン当日の公演は、本当に思い出深い公演になりました。

Kumi
Leave a reply

コメントを残す