端末購入のタイミングと、ソフトウェアおよびアプリのアップデートのタイミングによるのでしょうが、最初にAndoroidそのものと、各種アプリのアップデートが必要だったので、私のように、モバイルデータ通信は最低金額に抑えて、WiFi運用したいと思っている場合は、まず「設定」>「データ使用」>「オフ」にしてから、いろいろな設定を行わないと、いきなり定額上限まであっという間に行ってしまう可能性があります(私の場合は、今月は使用したパケット量に応じての支払いになると言われましたので、余計に気を付けないと)。

Andoroidの場合は、iPhoneと異なり、何にどのくらいパケット通信したのかが、ざっと見られるようになっているほか、一定のパケット量に達した場合にアラートを出すこともできるので、便利ですね。

Skitched 20120326 161444

バイトとパケットと料金を計算できるという便利なサイトがあったので、参考にさせていただきました。

Packet Conversion/パケコン 手軽にパケット・バイト換算

私は、spモードを使いたかったので、spモードメールの設定をしようとしたところ、WiFi接続をオフにして、モバイルデータ通信のみをオンにした状態でも、何度spモードメールアプリを起動しても、メニューが表示されませんでした。もしや、と思って、Playストアでspモードメールアプリを検索して、上書きインストールしたところ、ようやく説明書に載っているメニュー画面が表示されました。

Playストアのメニューに「マイアプリ」という項目があり、見てみると、インストール済のアプリで、更新が必要なアプリは「更新」というところにまとめて表示されていました。Google関係のアプリにいくつも更新が必要なものがあったので、これらも一気に更新。

Skitched 20120326 163305

アプリごとに、「自動更新」をオンにしておくと、自動的に更新されるようです。

spモードメールの設定は、モバイルデータ通信がオン、WiFi接続がオフでないとできないので、メールアドレスの作成からWiFi使用時にもspモードメールを受信できるように設定するところまでを一気に完了。これだけだと、かかったパケット量は200kb強だったようです。ただ、この後spモードで会員登録が必要なサイトの登録を行うために、ブラウザでも通信したので、一気に1MB近くに。最初にやってしまえば、後はWiFiでも接続できたので、一安心です。

Kumi
Leave a reply

コメントを残す