千秋楽の日に2回公演って珍しいかも?
5回目を見てきました。始まる前は、この千秋楽しかチケットを買っていなかったのに、蓋を開けてみれば、5回も通ってました。CDがあって良かった!
DVDも楽しみ。

ただ、5回が限界だったかなと。祭りの後の寂しさはあるけれど、もっと行っておけば良かったという後悔はありません。

千秋楽の楽しみは、最後の挨拶とかカーテンコールでしょうか。

ユフィが緞帳が下りるのに合わせて、ひざをカクッと曲げて最後までユフィで手を降っていたのが可愛かったです。

ユフィとスザクがハグしてたらしく、会場からキャーという声が。でも、後方にいた黒ギアスとシャルル皇帝の混ざった格好の義くんに目を奪われていて、その瞬間を見逃しました(汗)目の前で繰り広げられてたのに。

2回目のカテコで、緞帳が上がると心平くんと皓ちゃんの2人だけが立っているんですが、そこで、2人ががっしりとハグ。

そして、義くんが挨拶しつつ、颯太くん、心平くん、皓ちゃん(高木さん、中塚さんってたどたどしく苗字で呼んでましたが)が、ご挨拶。颯太くんが前に出たとき、客席から「颯太くーん」と声がかかりましたが、そちらに向かってにこやかに手を振る義くん。激しく止める皓ちゃん(笑)

颯太くんは「高木心平さんがお兄さんで良かった」みたいなことを言って、心平くんとハグ。客席からはキャー!!

皓ちゃんは、謝辞のあと「こらからも舞台上からみなさんを夢にいざなう(だったかな?)ギアスをかけていきます」みたいなご挨拶。頑張って考えてきたんだなあ(笑)

心平くんは、不安もあったけど、共演者やお客さんのあたたかい拍手に支えられたと。

最後に義くんが、「今日でこのチームは解散しますが、また共演することもあるでしょう。6人くらいは共演するんですけど」みたいなことを言って締めました。

ユフィの挨拶なんかも聞きたかったなあ。

カテコは、5回くらいありまして、最後は心平くんだけが出てきて終わり。このとき、他の人たちも出てくると思った心平くんが、袖に向かって手を広げたけれど、出てこず。「僕だけでごめんなさい」的に手を合わせて謝っていたのがなんとも可愛く(笑)

本編。

公演期間中で最も舞台に近い席だったので、いろいろ間近で見るのを楽しみにしていたのですが、うーむ。

土日とも2回公演だった疲れが出ていましたね(。-_-。)ダンスが全体的に。義くんの黒ギアスのジャンプとか、皓ちゃんの回転数とか。皓ちゃんの歌もちょっと音程崩れてたり、心平くんの音程がこの前よりもおかしくなってたり。

その点、ボーカル二人の歌と遼介くんの歌と踊りは安心して聞いて(見て)いられました。ロロ颯太くんの歌は、高音は綺麗だけれど低音部がなんと歌ってるのか聞き取れなかったのですが、地声が聞こえる距離だったので、ようやく分かりました。C.C.美緒くんの歌も。

ダンス的には、私が見に行った中では、6/29に見た時が一番良かったなあと。それから、髪型も。義くんも皓ちゃんも髪伸びるの早いよ!(笑)皓ちゃんは途中でカットし直しても良かったんじゃ。スザクなんだから。

いろいろ言いましたが、心配は杞憂に終わり、ものすごく楽しかったです!(笑)Dメンがかなり頼もしいことに気づきました(←失礼!)

Kumi
Leave a reply

コメントを残す