外でiPhoneを使っている時、速いスピードが欲しいけれど、WiFiスポットがFLETS SPOTしかないという事が結構続いて、FLETS SPOTの契約を考えたときに知った光ポータブル。

自宅はフレッツ光だし、プロバイダはOCNなので、光ポータブルをレンタルし、申込時にFLETS SPOTの契約も一緒にしました。お盆をはさんだためなのか、届くまでに2週間くらいかかりました。機器が先に来て、設定書類が2日遅れて届いたので、何をどう設定していいか分からず(笑)

結果、FLETS SPOTへの接続設定は、FLETS SPOTが入る所でやらないといけなかったのでした。設定にあたっては、いろいろググりました。光ポータブルの設定用の書類以外に、フレッツ光を契約した時にOCNから送られてきた認証IDと認証パスワードが必要な上、iPhoneから 192.168.11.1 のアドレスに接続してルーターの設定をしなければいけないので、全部紙で用意して、駅のホームのベンチに座って設定しましたよ(笑)

その後、すぐに使ってみた所、WIMAXでもそうだったのですが、iPhoneでモバイルルーターに接続している時に、接続が切れる(FLETS SPOTエリア外に出る)と、接続が切れたままになり、自動的にiPhone側でsoftbank回線に戻る、なんてことはできないのです。これが、やってみると面倒くさい。ルーターの電源を切るか、iPhoneのWiFi接続を切るか、しかないわけです。

ところが、ルーター内に3G回線があれば(SIMをさせば)自動的に切り替わってくれるらしい。

そこで、docomoがいいのかイー・モバイルがいいのか、もっと安く手間なくつなげる方法はないのかと調べまくっていたところ、b-mobileというのを知りました。

なんすかこれ。日本通信株式会社が提供していて、速度制限があるとはいえ、docomo回線なのだとか。そして、煩雑な契約は必要なく、SIMを購入して開通手続きをするだけ。そして安い。FLETS SPOTを使っている間の隙間を埋めたい用途にぴったり。


調べてみると、安いパッケージがいくつか出ているのですが、これだと必ずプロキシ経由になり、画像が粗くなったりするとか。そういうのがイヤな人は通常版のu300を購入した方が良さそうです。

私の用途では、そういうのは通常のiPhoneの3G回線で見れば良いので、安ければ安いほどありがたい。かといって、提携して安いプランを出しているイオンは近所にないので、楽天で検索して、最もお得そうな感じのLight Tab用というのを注文しました。

ベストエフォートが300kbpsで、8ヶ月使えて14,800円。月額換算1,850円と2000円を切っています。どこにも光ポータブルで使ったというレポがなかったので、このバージョンのSIMでも大丈夫なのかドキドキしましたが、無事開通しました。

設定はこちらのとおり。

u300

PINは空欄のまま、接続業者はその他を選びます。

数時間、自宅でですが使ってみました。Twitter、メール、RSSリーダー、簡易なWebサイトの閲覧、Instagramの閲覧など、普段やってる事にはまったく支障がないスピードでした。SpeedTestアプリでの測定でも、290kbps(下り)出ていました。

FLETS SPOTとの切り替わりがどうなのかは、外出してみないと分かりません。

でも、この組み合わせは、光ポータブルをレンタルできる人にとっては、かなり魅力的な選択肢なのではないかと思います。

Kumi
Leave a reply

コメントを残す