4年間使い続けてきたiPad miniが、突然充電できなくなったため、現在のiPadのラインナップを検討し、新たに買い換えることにしました。

なにせ4年ぶりなので、どのサイズのiPadが今の自分にあっているのか分からなかったのですが、仕事のことも考えて、iPad Pro 10.5インチに決めました。iPad miniも使いやすいのですが、Kindleで本を読んだり、Amazonプライムビデオでビデオを見たりするのに、miniでは少々もの足りなく思っていたのです。

また、Proにするか無印のiPadにするかについても迷いました。当初、Apple Pencilはいらないと思っていたからです。結果的には、今、このブログもApple Pencilで書いていますし、Apple Pencilが使えるProにして良かったと思っています。

画面サイズが絶妙

iPad Pro 10.5インチを使い始めてみると、10.5インチという画面サイズが、絶妙だということが分かりました。

Kindleで本を読むにも、dTVで韓国ドラマを見るにも。

つまり、手で持った時に大きすぎるということもなく、立てて置いて少し離れて見た時に、小さすぎるということもないということです。

 

画面の下半分近くをソフトウェアキーボードが占めていても、テキストの表示部分が狭すぎる感じもしません。

音が良い

とにかく音が良いです。うちにあるどのスピーカーにつなぐよりも、iPad Pro単体で聴いた方が音が良いです。おそらく(笑)

Apple Musicで音楽を聴くのも、プライムビデオやdTVでビデオを見るのも、今までより楽しくなりました。

便利な機能を存分に使いたおせる

処理速度が速いので、iOS 11の最新機能を存分に使うことができます。ただ、まだ把握しきれていない感じです。

もちろん、Apple Pencilを使ってテキストを入力することもできますし、写真編集アプリでの写真の修正もしやすい。

結果的に、MacBookではなくてiPadでやろうかな、と思えます。

Kumi
Leave a reply

コメントを残す