今さらですが、Kindle Paperwhiteを購入しました。3台目のKindle、5台目の電子書籍リーダーです。

Kindle 1

3台のKindleを並べてみました。

Kindle 2

Kindle Paperwhiteを購入した理由は、以下の3つです。

・Amazon.com版のKindleでは、日本語コンテンツをダウンロードできない
・iPhoneで読むには画面が狭いなと感じることが多くなってきた
・倉園さんの本を読んで欲しくなった

ご存じかとは思いますが、前の2台のKindleでは、日本語のコンテンツをダウンロードできません。そのため、iPhoneかGalaxy Noteで読むことになるのですが、iPhoneでは、日本語の本を読むには画面が狭いのです。また、Galaxy Noteでは、アプリが落ちることがよくありまして、落ち着いて読書していられません。iPadは読書するには重すぎます。そこで、やはりKindle Paperwhiteかなと。そして、倉園圭三さんの『Amazon Kindle クリエイティブ読書術』を読んで、ますますKindle Paperwhite欲しい熱が盛り上がってしまったのです。

本書のレビューは、CNET Japanで執筆しました。

[ブックレビュー]読書の新しい形「できるポケット Amazon Kindle クリエイティブ読書術」

Kindle Paperwhiteを保護するためのケースは、いろいろと迷いましたが、こちらの縦に開閉するタイプのケースにしました。値段も1800円とKindle Paperwhiteの値段に照らし合わせても納得できる金額です。縦型にしたので、布団の中で、立てたままで読めるなと思ったからです。今後、入院したときなどに、その方が便利じゃないかと思ったわけです。

Kindle本は、Webブラウザで探すのが一番探しやすいですが、次に探しやすいのは、Kindleからですね。iPhoneでは、ブラウザとKindleアプリをいったりきたりしないといけないので面倒ですし、Kindle本だけに絞って探したいのに、いつの間にか紙の本が検索結果に表示されていて、「あ、Kindle版がある」と思ったのに紙版だったというがっかり感を味わうことが多いのです。

まだ日本語の本は数冊ほどしか購入していませんが、これからもっと読書が楽しくなりそうです。
最後に、うちにある電子書籍リーダー勢揃い。

Ebookreaders

Kumi
Leave a reply

コメントを残す