Kindle Unlimitedには、今までにも2度ほど登録したことがあります。そのたびに3か月ほど経つと、「読みたい本がない…」となって登録を解除するということを繰り返していました。スペースの問題と価格の問題で、書籍のKindle版があれば、なるべくKindle版を買うようにしているのですが、Kindle Unlimitedでは、最新の本はほとんど読めないため、登録したものの…ということになってしまうのです。

ですが、ちょうど、Kindle5周年記念ということで、ポイントバックキャンペーン中でしたので、再度、Kindle Unlimitedに登録し直しました。
 
【ポイントバック】Kindle5周年記念 Kindle Unlimited登録キャンペーン

 


 

『韓流ぴあ』に毎回つられる

Kindle Unlimitedをやめても、もちろんそれはそれで、普通にKindle本を買っていたのですが、雑誌『韓流ぴあ』が、毎回Kindle Unlimitedへ私を引き戻すのです(笑)

『韓流ぴあ』は、雑誌として購入すると、通常版は1080円します(特集や特典によって変わることがあります)。ですが、Kindle版は500円です。であれば、あと1冊、500円の雑誌か本をその月のうちに買うことは、おそらく(!)確かなので、「それならKindle Unlimitedにしてしまった方がお得では?」と思うわけです。

ただ『韓流ぴあ』は、出版社のサイトで購入すると、ポストカードが付いていることが多いので、好きな俳優さんのポストカードがつく場合は、雑誌を買わざるを得ません(義務ではないですが(笑))。そうなると、Kindle Unlimitedで読めるのに雑誌も買うことになり、なんだかな〜となっていったんKindle Unlimitedをやめる。

その翌月以降は、内容は気になるけれど、雑誌を本体を買うほどではないから、Kindle Unlimitedにしようかとなるのです。自分でもつくづくアホだなとは思うのですが。

英語と韓国語の学習書に読みたいものがあるかも

英語学習にKindle Unlimitedを利用するとすれば、雑誌『English Journal』がKindle Unlimited対象なのでいいかもしれないと思いました。その昔、English Journalを定期購読していたこともありますが、最近はすっかり遠ざかっていましたので、これをきっかけに英語学習の一環として再開したいところです。

今力を入れている韓国語ではどうかというと、最近の本はKindle Unlimitedの対象ではないことが多く、対象となっている本は、全体的にとても数が少ないです。ただ、現在は書店で手に入りにくい初学者向けの本や単語集などがKindle Unlimitedの対象となっているので、それらを利用することはできます。

Kindle Unlimited対象本の検索がしにくい

問題は、Kindle Unlimitedの対象本だけを検索しにくいということです。フィルタリングしていたつもりが、ページを遷移しているうちに、全体を対象として検索していることになっていたりするからです。このあたりのUIはもう少し分かりやすくして欲しいなあと思います。

 

【ポイントバック】Kindle5周年記念 Kindle Unlimited登録キャンペーン

 

Kumi
Leave a reply

コメントを残す