iPad Proでなるべく速く文字を入力するには、どの手段を使うのがいいのでしょうか。

おそらく、一番速いのは、声で入力することではないかと思います。私の場合は、ふだんからSiriをよく使いますし、iPhoneで音声入力もやります。MacBook Proでも、文字起こしのときに、よく音声で入力します。

ただ、声で入力できない状況のときも多いわけです。そうなると、ソフトウェアキーボードを使うか、外付けのキーボードを使うか、手書き入力用キーボードを使うかのいずれかになります。

外付けキーボードとソフトウェアキーボードはどうか

外付けのキーボードは、これまでのiPadで、さんざんいろんな機種に手を出してきましたが、結局のところ、日本語の場合、iOSの予測変換候補がジャマをして、MacBookなどでブラインドタッチをするようには入力できません。

ソフトウェアキーボードでも良いとは思いますが、タッチタイピングは難しい。物理的に指先に触れてくるキーがないので、指の位置を固定しずらいため、キーボードを見ながらでないと、打てないのです。しかも、物理キーボードを打つようには、手を置けません。そうなると、残るは手書き入力です。

MyScript Stack – 手書きキーボード

手書き入力に対応したキーボードアプリで現実的なのは、「MyScript Stack」か「手書き変換mazec」しかありません。

キーボードアプリの利点は、自分の好きなアプリを使いながら入力できるということです。ノートアプリ(メモアプリ)にも、手書き入力できるものがいくつかありますが、そうすると、それをメインのノートアプリとして使わなくてはならなくなります。たとえば、UlyssesのUIや機能が好きでも、他のノートアプリで書いてから、Ulyssesにコピー&ペーストしなければならないわけです。できれば、それはやりたくないのです。本当は。

それで、「キーボードアプリ」にこだわるわけですが、まず、「MyScript Stack」です。

「MyScript Stack」の文字認識機能はかなり高くて驚きます。次の文字へ次の文字へとどんどん書いていっても、きちんと日本語を認識して、ほぼ、きちんと変換してくれます。ほぼ、というのは、中にはどうしても変換してくれない漢字などがあるからです。

この正確な変換率の高さは、Apple Pencilで書くのが楽しくなって、クセになるほどです!

これでも十分いいかなと思っていたのですが、ここで問題が発生しました。長い文章を書いていると疲れてくるということです。それもそのはず。絶対に、「1文字ずつ」書かなくてはならないからなのです。これは、タイピングに慣れた者に取っては、かなりストレスです。

それは、「難しい」という字を書いているときに思いました。考えてみれば、MacBookで行っているキーボードによるタイピングでは、数文字打てば変換候補が表示されますし、そもそも、ローマ字で入力しています。これが、思った以上に、自分が入力するときの思考や脳の働き方と、密接につながっているのだなと考えさせられたのです。

「MyScript Stack」自体は素晴らしい認識力を持つ手書き入力キーボードだと思っていますが、それと長文を入力するということは、別問題なのです。

MyScript Stack – 手書きキーボード 1.3.0(無料)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: MyScript – MyScript(サイズ: 279.7 MB)
全てのバージョンの評価: (96件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

手書き変換mazec

「MyScript Stack」の悩みを解決してくれる手書き入力キーボードが、「手書き変換mazec」です。

「手書き変換mazec」は、ひらがな入力のキーボードのようです。漢字で書けば、もちろん認識してくれますが、漢字が分からなくても、ひらがなで入力すれば、変換候補を表示してくれるからです。そして、かなり長い文字列を一括で変換することができます。

これはこれですごいことなのですが、「手書き変換mazec」にも欠点があります。それは、この「変換候補を選ぶ必要がある」という便利さとトレードになってしまいますが、「MyScript Stack」のように、スラスラ書いていく気持ち良さが失われるということです。

「この候補が正しいかどうか」をいちいち選択してやらないと、確定されないのでしかたありません。また、それこそが、「手書き変換mazec」の良さなのです。なんとも矛盾した気持ちになりますが、しかたありません。

mazec – 手書き日本語入力ソフト 2.1.3(¥1,080)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: MetaMoJi Corporation – MetaMoJi Corporation(サイズ: 51.9 MB)
全てのバージョンの評価: (509件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

もうすでに、25年もの長い間、「キーボードでローマ字入力する」という方法で文章を打ってきたのですから、そう簡単に代替できるものではありません。

ただ、せっかくの軽いiPad Proに、外付けのキーボードを付けるというのもなんだか違うような気がしますし、カフェなどの静かな場所では、手書き入力する方が、断然良さそうに思えます。

これは、もうしばらく試行錯誤してみる必要がありそうです。

Kumi
Leave a reply

コメントを残す