本日(2012年11月12日)、株式会社PFUからScanSnapの新製品iX500が発表されました!
S1500の発売から、実に4年ぶりの後継機種の発表だそうです。
発売日は、2012年11月30日。

新製品発表会に行ってきましたので、その様子と、iX500の使い勝手を簡単にレポートします。

Sponsored Link

会場の様子。

社長の長谷川清氏の挨拶から始まりました。ScanSnapの歴史、累計販売台数(200万台)などのお話があり、いよいよ、新製品ScanSnap iX500の発表です。

まず、デザイン。外側はマットブラックですが、ふたを開けると、鏡面仕上げの光沢ブラックのパネルが表れます。カッコいい!
ちょっと未来的というか、ロボット的というか。頼れる感じがします。私が持っていたのが、S510なので、よけいに頼もしさを感じるのかもしれません(汗)

WiFiへの接続は、パソコン(私の場合はiMac)から設定する必要がありますが、いったん設定してしまえば、パソコンが起動してなくても、iPhone/iPad/Androidデバイスから直接スキャンできます。これは便利!

ただ、OCRをかけたいときは、パソコンでスキャンしないといけないのです。が、今までも、スキャンした本や書類を検索することはほとんどなかったので、今後も検索したいことはめったにないでしょう。ですから、iX500では、iPadやiPhone、あるいはGALAXY Note本体から、ガシガシスキャンすることになるでしょう。

WiFiが搭載されたことは、本当に嬉しいのですが、それより何より嬉しいのは、スキャンスピードが大幅に向上したこと!S1500の半分のスピードでスキャンからOCR処理をしたPDF作成まで終わるというのだから驚きです。私は、S1500を持っていないので、直接比較することはできませんが、S510と比べると、速すぎて目がパチクリ(死語 笑)業務用の給紙装置であるブレーキローラーを、ScanSnapに初めて搭載したそうで、しっかりと1枚ずつ紙が送られていきます。本体に新開発の画像処理エンジンGIプロセッサーを内蔵しているため、パソコンやスマートデバイスに負荷をかけずに高速な画像処理ができるということです。

iPhone/iPadからスキャンしたPDFと画像も、ScanSnap ConnectアプリがOpen inに対応しているため、EvernoteやDropboxに渡せるとのことなので、泣くほどスキャンが楽になりそうです。

また、iX500では、クレジットカード系のプラスチックカードもスキャンできるようになりました。今まで、プラスチックカードは、S1100でスキャンしていたのですが、iX500でできるなら、用途が広がりそうです。

会場には、歴代のScanSnapも展示されていましたよ。2代目のScanSnapにはほんの少し仕事で関わっていたことがあるので、あまりにも懐かしくて、ジッと見つめてしまいました(笑)新製品の発表だというのに、昔の製品をこんなにじっくり見てる人もいなかったのではないかと思います(笑)

発売日は、今月末の11月30日。
価格はオープンですが、PFUダイレクトの価格では、
ScanSnap iX500単体モデルが 49,800円(税込)、「楽ライブラリ Smart V1.0 with Magic Desktop V1.0」同梱モデルが 54,800円(税込)です。

単体モデルといっても、ScanSnap Manager(Mac/Windows)、ScanSnap Organizer(Windows)、Adobe Acrobat Standard(Windows)、CardMinder(Mac/Windows)、ABBYY FineReader for ScanSnap(Mac/Windows)、やさしく家計簿エントリー2 for ScanSnap(Windows)が同梱されます。

とくに、S510を使っている人で、S1500のときは「まだ全然S510が使える」と思っていた人や、ガンガン本を自炊するという人にオススメです。あと、面倒くさがりの人にも(笑)

Kumi