文具一覧

NO IMAGE

初心者にも使いやすい万年筆:Plaisir

そんなこんなで、インクの色について調べたりしているうちに、 PILOTの色彩雫(いろしずく) という万年筆のボトルインクのことを知りました。 ...この年で万年筆ってどう使えばいいのか、なんて聞くのは恥ずかしかったですが、聞かないとわかりません(笑)勇気を振り絞って 「あの、この、あのボトルインクを使いたいのですが(店員さんの背中側にボトルが飾られてた)、コンバーターというのを使えばいいと聞いたのですが、コンバーターってどれですか?

NO IMAGE

ノートに付箋を貼るよう:TouchMemoPaper

マインドマップでもいいじゃないか、と思われそうですが、マインドマップの場合は、ノードを書いたりつなげたりする過程があり、単語を書き殴っていきたい時にはそれが邪魔なんですね。... また、マインドマップを知らなかった時代に、ノートと付箋以外に、Excelのセルを方眼紙のように設定し、テキストボックスを付箋に見立てて画面に並べて、書籍の構成を考えていた期間が長く、その方法が自分には合っていたのでしょう、今もバラバラの単語を付箋に書いて、貼って、並べ替える、ということをよくやっています。

NO IMAGE

ふせんでシゴト管理「10min.(テンミニッツ)手帳」

ダ・ヴィンチ手帳、超整理手帳、ほぼ日手帳、ハイタイド手帳、アクションプランナー、クオ・ヴァディス、トラベラーズノートなどのアナログの手帳から、Toodledo、Omnifocus、reQall、Nozbeとデジタル系までひととおり試しました。... また、フィルムふせんははがしにくく、油性ペンか油性ボールペンで書かないとにじんだり、手についたりしてしまうので、気に入った筆記具が使えません。

スポンサーリンク