好みの音を求めて i.Fuzen iPhone4用ヘッドホンアンプ

低音好きな皆さんこんにちは。はっきり言って私にはヘッドホンの難しい理屈はさっぱりわかりません!しかし、どーしてもiPhone4で音楽聞いたり動画見たりした時の、低音のなさには我慢できなくなりました。

ヘッドセットは、Bluetoothを何種類か、有線も幾つかためしました。中でも一番音的に気に入ってるのは、SHURE SE110-Jなんですが、昔買ったやつでリモコンがないので、audio-technicaのリモコン(音量と開始/停止があるだけのもの)と接続するという不格好さ。

それでも、軽すぎる音。イコライザでBass Boosterを入れると、ボーカル音域がこもって聞き取りづらい。他のイコライザにしても単純に低音だけをあげてくれない。(本当は、Sennheiser Communications ヘッドバンド型両耳式ヘッドセッ PC 131 500912を外に持って行きたいくらい)

他のイヤホンでなんとかならんかと探していたら、どうもアンプとかいうのがあるらしい。しかもそれは、低音に効くらしい。なんだそれは。調べて見ると、いくつかの種類が販売されており、値段も様々。

結局、Amazonのレビューを参考に、iPhone本体の電源を犠牲にせずにすみそうな、>Auzentech i.Fuzen iPhone4用ヘッドホンアンプ内蔵バッテリーケース AZT-IFUZENHP1を試して見ることにしました。

結論から言うと、買って正解でした。

お気に入りの皮ケースから、このごついロボットみたいなケースにしなければいけないのは、とても悩ましいですが、ケーブルでつなぐタイプは面倒そうでしたし、まあ、慣れれば大丈夫かなと。

こんな感じで、ケースの上部から差します。ケースの抜き差しは、思ったより簡単なので、使いたいときだけ使うのでも問題ないかもしれません。

_DSC2325.JPG

手に持って見ると、想像よりは大きすぎず、しっくりきました。向かって右側面に、ヘッドホンアンプのスイッチがあり、2秒ほど長押しすると、LEDが白く光り、アンプの電源が入ります。向かって右側が高インピーダンス、左側が低インピーダンスです。と、いうことですが、イヤホンのインピーダンスがよく分からないので、両方に差してみたところ、私の聞きたかった音は高インピーダンスの方から聞こえて来ましたよ!

_DSC2334.JPG

ボーカルやセリフが引っ込んで聞こえることなく、低音だけがやや増した感じ。これこれ、これですよ!聞きたかったのは。劇的に変わるというのではないのですが、物足りない感じが払拭される感じです。気のせいかと思って、何度も全部のイヤホン端子に差して聞き比べてみましたが、やっぱり音質が全部違います。

本当に音にこだわる人は、iPhoneなど使わないのかもしれませんが(笑)とりあえずこれで、iPhoneで聞いたらがっかり、感がだいぶ解消されました。Bluetoothヘッドセットになれてたので、またワイヤードに戻るのはちょっと辛いですが、二代目のVoyager 855が一代目と比べてまったくダメダメだったので(同じ製品のはずなのに、ワイヤーの種類も違った)思わずアンプにまで手を出してしまいました。

電源は、ケース&バッテリーということで、ケースから給電されるため、iPhone本体の電池を食うことはなく、逆にiPhoneを充電できます。ただ、iPhoneの電池はあるのに、アンプの電池がなくなるという自体になるので、その点、ちょっと注意が必要かもしれません。

音というのは、人によって感じ方や聞こえ方が千差万別のようなので、一概には言えませんが、低音をなんとかしてほしいと思っていて、この価格を出してもいいと覚悟(?)を持てる人は試してみてもいいかもしれません。

最後に、裏側のロゴが、これまた可愛くありません(笑)

_DSC2331.JPG

Kumi