メモと音声の連動が超便利 Livescribe Echo Smartpen

先月、Smartpenを購入してからガシガシ使っています!もう、これなしでは仕事できないと思うほどです。

きっかけは、ZONOSTYLEさんのこちらの記事。
心底惚れこんだ「アナログ to デジタル」の決定版! LiveScribe echo smartpen(前編)
心底惚れこんだ「アナログ to デジタル」の決定版! LiveScribe echo smartpen(後編)

Smartpenとは、録音できるセンサー付きボールペンで、専用ノートに書く事で筆跡がペンに記録され、ノートをスキャンしなくてもデジタルデータとして保存できるガジェットです。

購入したのは、全部入りのPro版です。Amazon.comを利用しました。

どうしても日本語での買い物でないと困る、という場合は、楽天のワキ文具さんで取り扱っているようです。


最初は、便利そうだと思いつつも、特にこのペンが必要になる場面が思い浮かばなかったので、いつか必要になったら買おうと思っていました。ところがどっこい(←古っ)そのいつか必要な時が速攻でやってきたのです。

作業開始予定日をにらんで、到着まで二週間を見込んで注文しました。実際には一週間かからずに届いてびっくりです。



スティッキーノートタイプと、替え芯も一緒に注文。ちょくちょく頼むと送料が高くついてしまうので。



とにかく便利なのが、書いた文字をタップすると、その時の音声が再生される、という点です。録画した物を見てテキストにまとめるという仕事には最適でした。

かなり書き出したつもりでも、前後の脈略がよくわからないな、という箇所が多々あるのです。その時、メモをワンタップすれば、簡単に確認できます。

書き起こし、取材、会議、打ち合わせ、講義など、特に録音しながら書く用途に本当にぴったりです。容量が少ないけれど安いタイプもあるので、イヤフォンが必要なければそちらを購入してもいいでしょう。

ただ、専用ノートの入手が大変です(笑)私は、A4ノートとフリップタイプのノートを、eBayで探してイギリスのお店から購入しました。



書いた後は、Evernoteに音声付きPDFのPencastとして保存するほか、Myscript(Proにはライセンスが同梱されています)でテキスト化し、編集して使用しました。

ペンをパソコンとUSBケーブルでつなぐのだけがちょっと面倒ですが、紙をスキャンするよりは、私にとっては簡単です。

もう、当分ノートはいらないというくらいそろえたので(笑)どんどん使っていきたいと思います。

Kumi