手帳:2013年の手帳はモレスキンパッションダイアリーにしてみた

2013年の手帳が続々と発売開始になっていますね。
人気のある手帳は、10月頃には完売になっていることもあるので、毎年、夏の間に翌年の手帳を決めています。
たいていは、年が明けてからも迷って買い直したりしているのですが…。

2012年後半は、Quo Vadisのタイム&ライフにして、かなり良い感じだと思っていましたが、モレスキンから、パッションダイアリーのライフ&カルチャーというのが発売されると知って、試しに購入してみました。
モレスキン公式オンラインショップのみの限定販売だそうです。

2013年 パッションダイアリー ライフ&カルチャー / ハードカバー / ラージ
2013年新登場。アート、音楽、本、イベント…カルチャーへの情熱を、毎日の予定と一緒に詰め込むことができる、パッションダイアリー。

サイズはラージ。ハードカバーですが、薄いので、持った感じは想像よりも軽く、これなら鞄の中に入れて持ち運ぶのも苦ではなさそうです。

Moleskine Life and Clture

「パッションダイアリー ライフ&カルチャー」にした理由は3つです。

1.ヴァーチカルで、土日も他の曜日と同じサイズだった
2.1日の予定の中で、ライブや観劇予定を中心に持ってこられる
3.大きいけど薄い

Moleskine Passion thin

分かりにくいかもしれませんが、薄いです。
そして、1日の下段に、「daily highlights」として、カルチャー関係のアイコンが並んでいて、好きにメモが書き込めるスペースがあります。
タイムラインが6時〜20時までなのは、ちょっと足りない気がしますが、夜の予定がある場合は、このカルチャー覧に書き込めばいいかなと思っています。
だいたい、観劇は夜ですし、20時までには始まりますから。

Moleskine Passion icon

スケジュールページの後ろには、Art、Music、Bookなどの記録ができるページが付いています。
網羅しているカルチャーの範囲が広いので、それぞれのページ数は少ないような気もします。また、この項目の分け方が、自分にとって使い勝手良いのかも、まだ分かりません。

Moleskine Passion Musicnote

別冊で、TABBED PAGESというノートが付いているのですが、タブの部分に貼ってある透明シールの処理が雑で、よく見ると、1回貼ったのをはがしてまた貼った、みたいなタブもあり、ちょっとがっかりです。これは、たぶん使わないですね。

まだ2013年が始まってもいないので、使い心地などは、年が明けて、しばらく使ってから書きたいと思います。

Kumi
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク