iPhone/iPad

NEO SMARTPEN M1が思いのほか便利

韓国に通い始める少し前、ずっと気になっていたデジタルペン、NEO SMARTPEN M1を購入していました。買った直後にTwitterで一通りのことを試した結果をツイートしてはいたのですが、ブログにはまとめていなかったので、半年ほど経ったこの機会に、まとめておこうと思います。ちなみに、この文章も冒頭からM1で書いています。(テキスト化した後加筆修正。)

ペンとノートというシンプルさ

M1の最大の利点は、「ペン」と「ノート」という一見なんの変哲もない組み合わせであること。どこで取り出しても違和感がなく、コンパクトで軽いのは、いつもカバンに入れておくのに最適です。

そして書いたものは、後からアプリでデジタル化できるので、仕事やブログの文章を思いついた時に書き留めておくのにとても向いています。(仕事中でもね)

私が最も愛用しているのは、一番小さいサイズのmemo noteで、これが小さくて本当に重宝 します。

替芯は、いろいろ試した結果ZEBRAのジェルボールペン用の替芯、JSB-0.5ブラックです。いちばんシンプルで書きやすいです。難点は、わりとすぐインク切れになってしまうことと売ってる店が少ないということです。ネットでまとめ買いしています。

そこそこ正確なテキスト化機能

1ページ内に、いずれか1つの言語で書かれていれば、アプリにインポートしてからかなり正確にテキスト変換してくれます。

日本語と英語の混雑はある程度OKですが、日本語と韓国語の混雑はダメでした。

ちゃんと電源が入ってるかを確認すること

注意すべきは、ちゃんとペンの電源が入ってるかを確認することです。うっかりすると、電源入ってなかったのにガシガシ書いてしまい、単なる普通のメモに終わる、ということがあります(泣)

Kumi Ebina on Twitter

昨日 #NeoSmartpenM1 が届いた!ノートを別に買っておいたけど、Favo Storeで買ったら付いてきたメモ帳で試し書き。まず日本語。アプリはiPhone版。2行目の読み取り文字がかすれてるのは、持ち方が逆になってたから。こらは気をつけないとだな。

Kumi Ebina on Twitter

NeoSmartpenM1 英語。英語の場合は、言語設定が日本語のままでも読み取ってくれた。でも、なるべく癖のないように書かないといけないかも💦

Kumi Ebina on Twitter

NeoSmartpenM1 最後に韓国語。やはり一番綺麗に変換してくれてる。言語設定は、変換するときに選べる(使う言語はあらかじめ要ダウンロード)ただ、ページ全体を一括変換なので、ページによって言語を使い分ける感じ。

https://twitter.com/kumiab/status/1062126385718747136?s=21

Kumi Ebina on Twitter

Neo Smartpen M1。よく使っていた。写真は実際のメモ→同期された内容(色はアプリ設定)以下はテキスト変換ママ。 ZEBRA JSB-0.5 エメラルドグリーン届いた。 0.4よりやっぱり0.5の方が 引っかからなくて書きやすい。 ブラックも買ってあるけど セピアがいいよ~。復活 しないのかなあ。

ABOUT ME
Kumi
テクニカルライター/技術翻訳者 主に、iPhone、iPad、Mac関連の記事を各種Webメディアで執筆。またCNET Japanでは10年以上ブックレビューを連載中。「シゴタノ!」では、ガジェットのほか文房具に関する記事も多数執筆。 韓国ミュージカルにハマると同時にブログも再開。 ハムスターと猫を愛するフィーリング重視のライターです。