がっつりザックリ切れる大容量ペーパーカッター

この記事は約2分で読めます。

念願の本1冊、雑誌1冊丸ごと裁断できるペーパーカッターを購入しました。人気の高い、値段も高い数万円するやつなどではなく、密かに人気が出てきている(?)1万円程のやつです。下のリンクはAmazonですが、楽天で安く売ってるお店で買いました。

17kgもあるので、か弱い(笑)女一人で持ち運ぶのは、かなり骨が折れますが、床に新聞紙を敷いて、その上にのせて使っています。裁断する時に、全体重をかけて切るので、テーブルとかには置けません。また、あちこちのレビューで、油まみれだというのを読んでいたので、新聞とティッシュを用意してました。開けてみると、たしかに、赤っぽい油が刃の部分とその周辺についていました。指切っちゃわないように、少しずつふき取って、汚れても構わない雑誌を2回ほど裁断したら、油は気にならなくなりました。

断裁面の調節などは、何度かやってるうちに、コツがつかめてきました。とにかく、1回でザックリ切れることが、こんなにもスキャンを簡単な作業にしてくれるとは思いませんでしたよ。

ザクッ
シャシャシャ(←紙をばらしてスキャンしやすくしてる音)
シャーシャーシャー(←ScanSnapでスキャン中)

という感じ(笑)

iPadのように、大きな画面で手軽にPDFが読めると、OCRかけて検索可能にしなくてもいいかな、と思います。適度にファインな画質で、PDF化だけ進めて、OCRかけたい本だけ、後から処理してもいいですし。

私の場合、ビジネス書よりも、英語関係の書籍や技術書の類い(全部分厚い)を本棚からなくしたかったのです。たまにしか参照しないのに、本棚を占領するので。あと、たまに読みたくなるけど、普段は読まないから押し入れの奥にしまってある漫画とか。iPadの画面サイズなら、漫画読むのも大歓迎。

これで本棚がすっきりするかな?

コメント

  1. Is the theme you use for your site available anywhere?

タイトルとURLをコピーしました