ZAGGmateでiPadがもっと楽しくなる

この記事は約3分で読めます。

またまた倉園佳三さんのZONOSTYLEの「ZONOSTYLEが選ぶ2010年ベストiPadアクセサリー 〜 ZAGG mateほか」を読み、その後Evernote情報活用術セミナーで実際に使っている様子を拝見して、注文してしまいました。iPadのキーボード、ZAGGmateです。

できるだけ安く買うため、発送方法には $13.45 のUSPS Priority Mailsを選択。注文から2週間で無事届きました。

ZAGGmate w/keyboard

iPad Case-Aluminum iPad Cover & Wireless iPad Keyboard | ZAGGmate


iPhone&iPadで使うBluetoothのキーボードは、ずっと「ELECOM Bluetooth2.0対応ワイヤレスフルキーボード コンパクトサイズ ブラック (PS3対応) TK-FBP013BK」を使用していました。安くて、打ちやすくて、軽いので、気に入っているのですが、持ち運びがスマートにいかなくて、困っていました。iPhoneやiPadを立てられる部分は付いていないので、「Matias MiniRizer pocket-sized Gadget Stand」をキーボードの裏にマジックテープで貼り付けて持ち歩いていたのですが、案の定、すぐにバラバラになる(笑)袋というのもなんだかな、という感じで。

ZAGGmateは、一見、クッキー缶のふたみたいな感じで、そこにiPadがすっぽり収まるのです。思ったよりも重かったけど、まあ、いいか。

ZAGGmateの注文プロセスで、ZAGGmateを傷から守るスキンが半額で購入可能!とか出てきたので、思わず一緒に注文してしまいました。まんまとひっかかってる…。でも、ただのシルバーではイヤだったので、レトロ感あふれるスキンを選択しました。これ、すごくて、注文時に、柄の位置調整なんかを自分でWebブラウザ上からできるんです(オーダーメイドのスキンもできるみたいです)。

_DSC4399.JPG

可愛いんですが、このスキンを綺麗に貼るのは少し大変でした。ぴったりサイズより若干小さいので、角の所はシルバーが見えてしまってるし。このスキンを貼った後に、ZAGGmateを裏返してすべすべの机に置くと、ピターっとひっついてしまって、持ち上げるのに一苦労するのは想定外でした。四隅に貼るクッションシールが同梱されているので、これを貼って使うことにします。

普段は、iPadを純正のドックに立てているのですが、Boxcarを使っているため、夜中にメールを受信したりすると、ピカーッとまぶしく、夜はわざわざドックから外して伏せて置いていました。でも、このZAGGmateをかぶせておけば、そのままドックにさせるので、夜中でもピカーッとしなくて良さそうです。(追記:やってみたら、ZAGGmateをつけたままだとドックに深くささらないので立てておくのはムリでした…)

あ、キーボードの使用感は、上記のELECOMのキーボードに近いかな。軽くていいんじゃないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました