エンタメ

ソウル編 1:韓国『エリザベート(엘리자벳)』鑑賞旅行

12月1日〜3日まで、初めて、韓国に行ってきました。韓国どころか、海外旅行が20年以上ぶり。昔は香港、アメリカ、ヨーロッパなど、海外旅行にはしょっちゅう行っていて、旅行会社に就職したほどだったのに(笑)その頃とはだいぶ勝手が変わっていました。

ミュージカル『エリザベート』を観に!

今回の旅の目的は、ミュージカル『엘리자벳(エリザベート)』を観に行くこと。
いきなりですが。

2018年9月22日に、韓国のミュージカル俳優4人が集う『ファンタスティックミュージカルコンサート』に行きまして、チョン・ドンソクさんの闇が広がるが最高に良かったので、実際にエリザベートの舞台で観てみたかったなあと思っていたところでした。そこへ、『花郎』『力の強い女 ト・ボンスン』を観てパク・ヒョンシクさんにハマって騒いでいた私に友人が「今度のエリザベートでトートやりますよね!」と。

青天の霹靂。

(あのスタイルであの歌声であのダンスであの繊細な演技の人が、トート閣下?!似合いすぎでしょう、それ?え、待って、ていうかそれ観たい!いつやるの?今年、これから?しかもチケットまだ発売開始されたばかり?12月2日の日曜日にマチソワ?それなら仕事1日休めばいけるじゃん!ちょうど春にパスポート取ったばかりだし?)

というのが頭の中をぐるぐるして、即決でした。

決めたのが9月28日。マチソワのチケットをGlobal Interpark Ticketで購入し、それから休みを申請して(今はフリーランスの仕事のほか派遣でも仕事をしているので)、飛行機とホテルの手配を完了。フリーランスの仕事先にも前倒しで仕事をいただけるように連絡。その後は12月の別のフリーランスの仕事を前倒しでひたすら実行。12月は年末進行な上、派遣先の仕事も忙しいので念のため。

飛行機は、ANAのマイレージの登録だけして、乗ったことがなかったので(笑)、スターアライアンスグループということでアシアナ航空を選択。(これが後でちょっとしたトラブルに巻き込まれることに。)

ホテルは、遅い時間にソワレが終わっても、歩いて帰れそうということで、地下鉄梨泰院駅と、BLUE SQUARE(ブルースクエア)のある漢江鎮駅の中間ぐらいにあるI.P. Boutique HOTELにしました。

航空券の日程表、ホテル情報、チケット引き換えのための予約表を印刷して、スーツケース(機内持込可能サイズ)も購入。

当日、空港へはリムジンバスを利用。軽いとはいえ荷物を持って階段を上り下りしたり、山手線乗ったりしなくて済むので。

飛行機が飛ばない?!

事前にアシアナ航空のアプリでモバイルチェックインしていたので、空港ではお茶漬け食べたりソフトクリーム食べたりして、空港グルメを満喫(これが後で自分を助けた)荷物検査で、スチール缶に入った耳かき3本セットが引っかかりましたが、確認が取れてオーケー。(自分でもなぜセットで入れたのか覚えていない)

搭乗も済んでいざ出発!

と思いきや、出発・・・しない。

なんで?

なんと、整備不良が見つかり、ターミナルに引き返すことに!
乗ってから1時間後にまた同じターミナルにいるとは。
そして、さらに修理に1時間かかると。つまり約2時間、無駄に飛行機の中にいることに💦

空港で少しでも食べておいて良かった。

ようやく飛び立った後の機内食は、肉のない軽いごはんだったので、完食。そして、飲み物はヒョンシクさんがCMをしている七星サイダーをもらいました。やっと旅らしくなってきた。

ABOUT ME
Kumi
テクニカルライター/技術翻訳者 主に、iPhone、iPad、Mac関連の記事を各種Webメディアで執筆。またCNET Japanでは10年以上ブックレビューを連載中。「シゴタノ!」では、ガジェットのほか文房具に関する記事も多数執筆。 韓国ミュージカルにハマると同時にブログも再開。 ハムスターと猫を愛するフィーリング重視のライターです。