ライブ:歌って踊って笑ってお祭りさ小浜島(DIAMOND☆DOGS友情出演)

2015年6月13日(土)品川プリンスホテル クラブeXで行われた、「つちだきくお&小浜島ばあちゃん合唱団 歌って踊って笑ってお祭りさ小浜島」(DIAMOND☆DOGS友情出演)夜の部に行ってきました。公演DVDでは見たことがありましたが、初めてのクラブeX。まん中に円形の舞台があって、それを取り囲むように放射状に椅子が並べられているスタイルでした。

私たちは、正面向かって上手側。床はフラットなので、前の人の座高によって、視野が大きく狭められますね。4列目だったのですが、2列目に座高の高い男性がいたので、その並びに立たれてしまうと、胸から上しか見えません。背の低いおばあちゃんの時は、4割くらい見えませんでした。ただ、しょっちゅう舞台上を動いてくれてましたし、Dメンは踊りまくる上、正面奥の広い所を使ってもいたので、そういう時は見やすかったです。想像していた以上に、楽しい会でした!

プログラムは席に配布されていて、おばあちゃんたちの歌、つちだきくおさんの歌、DIAMOND☆DOGSの新曲(笑)は、歌詞が載っていました。
小浜島ばあちゃん合唱団プログラム


オープニングアクトは、おばあちゃんたち4人(だったかな)と新ちゃんが登場して、盛り上げてから、DIAMOND☆DOGSによる「キトアイラク」。なんか、これ好きでした。ラフな衣装(というか私服かな!?)で、にこにこ楽しそうに歌って踊るDメン。

その後は、小浜島のシンガーソングライターのつちだきくおさんの曲。ここで、オカリナとフルートを演奏を担当していらっしゃった石井幸枝さんという方の演奏に、とても惹きつけられまして。「こういう吹き方のフルートって初めて聞いた〜」と思って聴き入っていました。(それほどフルートに詳しいわけではまったくないのですが(笑))クライス音楽事務所の方だそうです。

オカリナの演奏を聴いた時に、アストロリコさんの演奏を思い出したのですが、ラテン系の演奏をされる方という紹介を聞いて、あながち遠くなかったと納得(笑)ホームページには、リベルタンゴを演奏されている動画もありました。

話がそれましたが…

おばあちゃんたちのパワーは本当に凄かったです!とくに、東京にいらした方の中では最年長という97歳(!)の山城ハルさんは、この日のために新しい振り付けを覚えて民謡の踊りを披露してくださったのですが、あの曲は、7〜8分かそれ以上あったのではないかと。ビシッとタキシードでキメた義くんにエスコートされて登場した山城ハルさんは、とても小さくて、歩くときは杖を使ってらっしゃるにも関わらず、いったん踊り出したら、まったくぶれずに最後まで見事に踊り通し、つちださんから「難しかったでしょ」と聞かれたら「やすかった(簡単だった)」とサラッとお答えになる余裕ぶり。すごすぎます。

また、80歳になると、ウェディングドレスを着て、入団式をするという慣習にならって、当日3人のおばあちゃんがウェディングドレスで登場!利くん、皓ちゃん、泰ちゃんが、それぞれエスコートしてきました。利くんのエスコートの仕方、ドレスを踏まないようにするさばき方、おばあちゃんたちがポジションについた時に、ドレスの後ろ側の裾を整えてあげる姿とか、もうスタッフか!という慣れっぷり。利くんは、グランドフィナーレで、皆で「Come on and Dance 小浜島」を振り付きで歌って踊るときも、分かりやすく見せながら踊ってくれる先生っぷりを発揮してくれたので、とってもやりやすかったです(笑)

そんなDIAMOND☆DOGSは、第2部から3曲。ヴィヴァルディの「四季」で、かなりがっつり踊った後、まさかの新曲「へーこき左衛門ぷぅの介」(爆)!!タキシードのジャケットだけ脱いだ格好のまま、ぶぅの介のアニメに続いて、へーこきの歌と踊りを始めるアラフォー含むDメン(笑)腹筋崩壊。「オーソレミヨ ヘーコキミヨ〜」を水を得た魚のように、生き生きと歌い上げる中塚皓平氏(笑)軽いトークでも、どうしてこの曲になったか、ちゃんとは言ってなかったので、ちゃんと知りたい(笑)

そこからの「普通のDIAMOND☆DOGSを」と、「ひらり、Ageha」。おばあちゃんたちは、楽屋でこの曲に合わせて踊ってるとかで、「おばあちゃん Ageha」の構想が持ち上がる(!?)

最後は、民謡からのグランドフィナーレ。は〜、楽しかった!

グランドフィナーレでは、最後のおばあちゃんが、民謡に合わせていつまでも軽快に踊っていらして。杖を預かっていた義くんが、いったん杖を返して、ロビー方向に案内しようとしたところ、杖をうっちゃって、また踊り出しまして(笑)義くん、目をまん丸くしてビックリ(笑)杖を拾って、一緒になにやら踊ってましたが、曲が終わっちゃう頃にようやく踊りも終わり、拍手。

帰りには、おばあちゃんたちのお見送りがあるというので、そちら側の列に並びましたよ。ひとりのおばあちゃんには「若いパワーをちょうだい」と言われて握手しましたが、おばあちゃんたちの方がパワーにあふれてますよ(笑)中には、握手した手をギュッと力強く握ったまま、なかなか離してくださらないおばあちゃんも!皆さん、2時間の舞台を、昼も夜もやられた後なのに、座ってお見送りの方は杖が必要な方数人のみで、あとは全員立ったまま。すごすぎます。

「小浜島に来てねー!」

と皆さんに言われました。いつか行ってみたいですが、たぶん、船酔いで死ぬでしょう…(汗)おばあちゃんたちのように強くないのですよ(;∀;)自分、合唱団に入れる80歳までも生きていられるかどうか。

Kumi