観劇:眠れぬ雪獅子 10/21夜 初日

世田谷パブリックシアターで上演が始まったTSミュージカル「眠れぬ雪獅子」を観てきました。

主演は、東山義久さん。他にも、伊礼彼方さん、小西遼生さんを始め好きな役者さんたちが勢ぞろいしていたので、発表になった時から楽しみでした。

TSミュージカルファンデーション新作発表『眠れぬ雪獅子』9月27日最新版に差し替え | エンタメ ターミナル

以下、ネタばれ注意です。

本当に、良い舞台でした。

東山さん演じるテンジンは、旅芸人一座の頭なので、ある意味現実とリンクしてるかも(笑)中塚皓平くんも一座の仲間だし。小林遼介さんも、Summer StormやらAltar Boyzやらで馴染みがあるから、そりゃ、ダンスも息ピッタリだわ。皆がイキイキと楽しそうにやってるから、皆を幸せにしたい旅芸人というのがよく伝わってきました。

まあ、過去のいろんな作品を思い出す場面も結構ありましたが(笑)

なんといってもリーダーの、Club Sevenの妖怪の時みたいな、純粋なニコッが見られて何よりです。(なんのこっちゃ)

リーダーの前世の遼生くんも良かった!某特撮の主人公的なかっこよさはありませんが、自分の罪に苦しみもがく様は、人間らしくて格好良かったです。ただ、感情が入りすぎた状態でしゃべるとき、セリフがよく聞き取れないので、そこは改善して欲しいなあ。もっとよくなる気がします。

山田ジルソンさんの弟役は、もっと薄い役なのかと思ったら、全然薄くなく、むしろ兄より熱く濃いキャラクターでした。健気に兄を想う様子がとても印象深かったです。

今井清隆さんは、さすがの貫禄で、舞台に登場されると、ビシーっと空気が引き締まりますね!途中、ハラハラする場面がありましたが、滅多にそんなことはない方なのではないかと。

そして、美しい歌声と舞いを披露している保坂知寿さん。あの歌声を聞くと、ホッとした気持ちになるから不思議です。そこだけ異次元な感じが、よく出ていたと思います。

バンドの演奏も素晴らしく、あの人数でよくあんなに奥行きのある演奏ができるなと。

全般に、もう少しチベット寄りもしくはアジアンな歌が多いのかと思ったら、かなり普通に現代ミュージカルな楽曲が多かったように思います。もっとエキゾチックでもよかったかも。あと。歌わなくても・・・とおもう所もあったりします。

いろいろ書きはしましたが、細かい事は抜きにして 、単純に楽しく面白い舞台でした。通うのが楽しみです。

Kumi