SetEnvIf Authorization "(.*)" HTTP_AUTHORIZATION=$1
エンタメ

映画:「The HOBBIT An Unexpected Journey」を見てきました

映画館で見たいと思う作品が、同時期に複数公開されるとは。ということで、「The HOBBIT An Unexpected Journey」を見てきました。「レ・ミゼラブル」の2回目を見てから、ホビットを見るということで、合計6時間近く座りっぱなしというチャレンジ。

ホビットは、ムビチケで前売りを買っていたのですが、2D版のチケットを買ったんです。公開後にスケジュールを確認したところ、なんと、24時に終了するか、真夜中に上映する回しかないではないですか!年末年始で、電車のダイヤが日祝ダイヤの間は、終電に間に合いません。来週以降は、仕事も通常どおりに戻りますから、見にいけないかもしれません。そのため、仕方なく、3D字幕版のチケットを買い増しして、見ることにしました。レディースデーだったので。

3D映画は2回目です。前回は牙狼で、大作系の3Dはホビットが初めてです。IMAXなら見てみたいのですが、普通よりちょっと大きいくらいのスクリーンだと、やっぱりフレームが邪魔で、中と外の断絶感が気になりますし、字幕が浮いてて不自然な感じがします。あと、俯瞰などで、人がレゴみたいで、ミニチュアのおもちゃが動いてるようなのも、私は気になってしまうのです。平日の夜に、がんばって2Dでも見に行きたいと思います。

それはともかく、作品は素晴らしかった!!大好きなThe Lord of the Ringsシリーズのあの雰囲気のまま。懐かしいキャラクターも登場するし、懐かしい場所も登場します。

ビルボのマーティン・フリーマンは、シャーロックで見ていて、すっかりワトソンのイメージだったのですが、いざ映画が始まってみたら、まったく違和感なく、ホビットでした(笑)ビルボに対するガンダルフのつっこみがいちいちおかしくて、ゲラゲラ笑ってました。

LOTRのときは、Aragornに一目惚れだったのですが、今回は特にそこまでのキャラクターはおらず。しいていえば、キーリかなあと。

原作は読んでいないので、この先どうなるのか分かりませんが、続きがとっても楽しみです。

ABOUT ME
Kumi
テクニカルライター/技術翻訳者 主に、iPhone、iPad、Mac関連の記事を各種Webメディアで執筆。またCNET Japanでは10年以上ブックレビューを連載中。「シゴタノ!」では、ガジェットのほか文房具に関する記事も多数執筆。 韓国ミュージカルにハマると同時にブログも再開。 ハムスターと猫を愛するフィーリング重視のライターです。