SetEnvIf Authorization "(.*)" HTTP_AUTHORIZATION=$1
エンタメ

観劇:D☆D memorial 10 Ten Steps 5/27千秋楽

7回目。千秋楽公演を見てきました。JoyfulからBelievin’まで総立ちでした。最後の挨拶でのリーダーの涙には、さすがにもらい泣きです。・°°・(>_<)・°°・。


未完成では、深呼吸していつもより少しタメが長いのが、もう、ね。終わった後のガッツポーズや、皆とのハグも、いっそう激しく。うるっときてしまいました。

SWAN Jazzでは、義くんのさらに激しい牧神ポーズが。口までくわっと開けるやつ。そして、いつもの場面では、皓ちゃんが義くんに(笑)しかも口(笑)義くんののけぞりがすごかった。袖にかけこむ二人。少しして、義くんが皓ちゃんを猫つまみで再登場。3人が踊ってる後ろで、ほっぺを指さしながら、するなら口じゃなくてこっち!みたいなジェスチャー(笑)

Joyfulから総立ち。Seven StarsもBelievin’もずっと。なんか無我夢中。

そして、最後に一人ずつ客席扉から登場してのご挨拶。
TAKAちゃんが「やめなくて良かったです」っていうのには(笑)義くん「やめようと思ったのか・・・ま、それは後で打ち上げで」とか(笑)

皓ちゃんがたしかまたハゲの話(笑)「ハゲても応援してください」だったかな。義くん、頭触りながら「ヘアメイクさんに大丈夫って言われたもんね・・・」

新ちゃん.義くんのことをソウルメイトって。そんな挨拶の間義くんは裏に回ってて、他のメンバーみたいに客席から登場。いろいろあったってこと、「この世の終わりか、というくらいに落ち込んだこともあった」とか、そのへんでもう、涙こらえきれなくなっていて、こちらもグッときてしまいました。私なんかでさえもらい泣きですから、10年応援してる人たちの想いときたら、想像もつきません。

挨拶の後、全員がバラを携えて出てきました。後で聞いたら、義くんはご両親にバラを投げたけど届かなかったようです。頭抱えて笑っていたのは見えました。義くんと新ちゃんは、最後に大きくハグ。義くんは新ちゃんの頭、ぽんぽんってしてました。深々とお辞儀して手をグッと握るところとか、これは、全員での挨拶の時もそうですが、メンバー同士の絆をすごく感じます。

なんか、あっという間に終わってしまって、ぼーぜんとしていますが、最初は行けないかもと思っていた千秋楽に行くことができて、本当にいろいろな人に感謝です。

ABOUT ME
Kumi
テクニカルライター/技術翻訳者 主に、iPhone、iPad、Mac関連の記事を各種Webメディアで執筆。またCNET Japanでは10年以上ブックレビューを連載中。「シゴタノ!」では、ガジェットのほか文房具に関する記事も多数執筆。 韓国ミュージカルにハマると同時にブログも再開。 ハムスターと猫を愛するフィーリング重視のライターです。