ソウル編 3:韓国『エリザベート(엘리자벳)』鑑賞旅行

12月2日(日)(2日目)。いよいよマチソワ当日。
でもまだです(笑)

EDIYA COFFEE

劇場までの道を確認しようと、朝ごはんも食べずに早めに出たものの、劇場は思ったよりも近く、早すぎて発券もできないので、とりあえず漢江鎮駅のEDIYA COFFEEでブリトーの朝ごはん。全く韓国に来たっぽくありません。ここは、ファンの方たちがヒョンシクさんのお誕生日祝いをしているお店。駅には看板も出されていました。

もちろん無料Wi-Fiがあるので、写真の整理なんかをしながら、いったん梨泰院に戻って、会社や家へのお土産を調達することに。翌日は早朝出発だから、よく考えたらお土産を買ってる暇がありません。

そうして梨泰院に戻ったものの、お土産屋さんぽいお店が全然なく。LINEフレンズショップに入ってみたものの買うものはなく(汗)結局、コンビニで売ってるお菓子を何種類か買うに留まりました。それでも、なかなか美味しいお菓子だったので、会社では好評でした。良かった!

チケット引き換えとパンフレット購入

ホテルにお菓子を置いてから、急いで劇場に戻りました。12月でも、それほど寒くない日で良かった。

まずはチケットの引き換えです。チケットボックスは1階なので、道路沿いを歩いて行ったらそのまま、同じ階です。1時間半ぐらい前だったのでまだカウンターも空いていました。印刷していったチケット予約表を渡したら、すぐに引き換えてくれました。ちなみにソワレでは、パスポートを確認されました。

同じ階に、主要キャストのみのToday’s Cast表があったので撮影。まだ人も少なかったので、余裕を持って撮影できました。また、地下に降りると、もっと大きなキャスト表があり、こちらも撮影。

さらに、エリザベートやトート、ルキーニの大きな写真が貼られた柱や壁があり、また、엘리자벳と描かれたメインポスターになっている青いウォールスタンドも置いてありました。

パンフレット販売カウンターも誰もいなかったので、友達に頼まれた分と自分の分と合計3冊購入。1冊10,000ウォンという価格で、ものすごく立派なパンフレットです。思ったより1冊の重量があり、マチネの後にいったんホテルに置いてくることにしました。

エリザベートの衣装展示があったり、劇場のレターボックスに入れられたファンレターへの役者からのお返事が掲示されていたり(これの写真撮るのを忘れたのが悔やまれます。)けっこう見るところがいろいろありました。開場時間近くになると、大勢の人がいて、写真も撮りにくく、歩き回りにくいので、時間に余裕があれば、早めに劇場に着くのもおススメです。

BOOK PARK

BLUE SQUAREのチケットボックスそばにある広い階段を下階に降りると劇場ですが、2階、3階へと上ると本屋さんBOOK PARKです。1階からすでに、階段の両脇が開放的な本棚になっていて、その景色は圧巻です。事前に調べていて、ここに行ってみたいと思っていたのでした。

ただ、人が増えてきて、カフェの席を取ることが先決になってきたので、結局本をゆっくり見ることができずに残念。次回は、もう少しゆっくり見ようと思います。

HOLLYS COFFEE

開演時間までは余裕あったので、とにかく何か食べようと、BOOK PARK 2階奥にあるHOLLYS COFFEEへ。

カフェなのでがっつりごはんみたいなものはなく、席も、屋内はいっぱいだったので、マスカルポーネティラミスとコーヒーを買って、テラス席へ。14度ぐらいはある日だったので、ダウンを着ていれば、外でも凍えるということはなく、むしろ走り回ってきた身には涼しくてちょうど良かったです。

テラス席で気をつけないといけないのは、うっかり席に座らないということ。椅子に砂埃がたまっているところもあり、それがわかりにくい椅子なので、みな、触ってみてから座っていました。私はちょうど、人が前に座っていた席だったので、そのまま座りましたが、向かいの席は座れる感じではありませんでした(笑)

マスカルポーネティラミス、ちょっと甘いかなという感じでしたが、アメリカのケーキのようね甘さの攻撃感はなく、美味しかったです。しかしこの日、ここまでで食べたのが、ブリトーとケーキだけという(汗)

さて、ようやく開演です!