ソウル編:韓国『エリザベート』鑑賞旅行 20190126

なんだかもう、韓国旅行の間隔が短すぎて、書くのが追いつかなくなってますが(笑)
シクトートのソウル千穐楽日の公演を観るために、また、ソウルまで行ってきました。ただし、今回は、まともな日程の旅行です(笑)

まずは、成田空港から出発です。

これまで、羽田←→金浦、羽田←→仁川、ときましたが、今回は、成田←→仁川です。もう、行く空港を間違えやしないかと毎回、何度も何度も繰り返し確認してしまいます。

今回は、のんびり午後出発〜なんて思っていたのに、成田空港行きのリムジンバスは、ちょうど良い時間帯にはもうなくて、結局朝早く家を出る羽目になり、成田空港で3時間も過ごすことになりました。うーむ。しかも、さっさと空港を出ていたら、ちょうど台湾に向かうジュンギ氏と仁川空港で会えたかも?!(←)同じターミナルだったのですよ(泣)

成田空港は何十年ぶりでしょうか。羽田よりショッピングできるお店が充実してますね〜。でも、カフェが少ないし、安いお店は席数が少なく、いっぱいです。

でも、トラベラーズノートの店舗を見つけて、うれしくなっていろいろ見てしまいました。うっかり散財するところでしたが、紙でできたかわいいジッパーケースのみを購入しました。いつも使っているビニールのジッパーケースよりも柔らかくて薄くて良さげです。成田限定の革ホルダーというのもあり、チケットケースとして、とても魅力的でしたが、旅行前にお金使いすぎるのもなんなので、我慢。

家で朝ごはんを食べる時間はなかったので、ファミレスみたいなお店で、ファミレスのモーニングみたいな、パンケーキセット(ドリンクバー付き)を。お値段はファミレスのガストのモーニングの倍くらいしましたが、空いていて、長居できそうでしたので。

のんびりしすぎて、もう出国審査開始していることに気づいて慌てました(笑)

今回はアシアナ航空です。オンラインでチェックインしているので、そのまま荷物検査場へ。やはり、オンラインチェックインできると便利ですね。

荷物検査場、人が少なくて、光の速さで検査終了。手をあげてぐるっと回るという、羽田ではなかった検査もありましたし、今回はブーツも脱ぎました。初めての時は靴を脱ぎましたが、ピーチで行った時はブーツでしたが脱いだ覚えがありません。そして、出国審査も顔認証ですからあっという間。

暇です。

空港内をぶらぶらしていたら、充電できるおしゃれなテーブルとチェアのあるスペースがあったので、そこで充電がてらまったりしていたのですが、向かいに座ってきた女子2人組が、ぼんやりした1人を終始もう1人が叱っていてうるさかったので、ゲートへ向かいます。

トイレに行っていたら航空会社に呼び出されたので、何事かと慌てて行ったら、オンラインチェックインしていたので、パスポートの情報を確認させてくださいとのことでした。羽田ではそんなことはなかったのですが。

飛行機は、機体が前回より古くてびっくりでした。私の席の液晶画面は、解像度がおかしくなっていて、本来の画面の3分の1くらいしか映っていません(笑)まあ、使わないですけど。

となりの女子は、出発直前までいろんな男子とFaceTimeし続けていてうるさいし(なぜいろんな男子とわかったかというと、言葉が違ったから)、離陸直前にようやくフライトモードにしてるし。

機内食は、お昼すぎの便だからか、若干しょぼくて(お肉はありましたが)、七星サイダーはありませんでした(泣)しかも、ご飯にお肉に黒胡麻豆腐にワッフルという、よく分からない組み合わせ!(笑)全部いただきましたが。

新羅ステイホテル(孔徳駅)

仁川での入国審査もスムーズに終わりましたが、iPhoneへのSIMの入れ替えなどを落ち着いてしたかったので、地下に降りて「香茶(Gong Cha)」というお茶屋さんへ。そこで、温かい烏龍茶を飲みながら、一息ついて、SIMの入れ替えと開通を行い、活動準備完了。

ホテルへ向かいます。

毎度思いますが、仁川は街から遠いですね(泣)それでも、今回は、空港鉄道で1本で行ける孔徳駅のホテルにしました。金浦だったら、梨泰院に泊まってもいいのですが、仁川だと乗り換えがあると、ちょっと時間の無駄なので。

ホテルは新羅ステイホテル。今回はちゃんとした(?)ビジネスホテルです。孔徳駅1番出口から徒歩2分くらい。地下から道路面に上がるには階段しかないので、大きなスーツケースの人は大変かもしれません。

郵便局を通り過ぎてすぐ、セブンイレブンがみえて、その隣なのですぐ分かります。

余計な装飾は一切なく、アメニティも必要最小限です。バスタブはない部屋でした。でも、仕事出来そうなデスクがあり、デスクライトもあるので、仕事をする人にはお勧めです。アメニティはAVEDAですが、歯ブラシと歯磨き粉はないので、持っていなければセブンイレブンで買ってくるのがいいでしょう。あと、ティッシュペーパーの備えがとても少ないので(5枚くらいで補充もなかった)、それも必要な人は要注意です。

シャワーの勢いはすごく強くて、熱いお湯が十分に出ます。痛いくらい(笑)コップ類は紙コップで、無料のお水と、コーヒーなどが置いてありました。今回はお水しか飲まなかったので、使い勝手は分からず。

ベッドの硬さはちょうどよく、気持ちよく寝られました(1日目は。翌日は興奮状態だったのであまり寝られず(笑))

夕ごはん

チェックインして落ち着いたら、ごはんを食べなくては!!

空港で食べてからホテルに行けば、外に出なくて済んだなとも思ったので次回以降の参考にします。

孔徳駅の近所には、ジョンのお店とかがあるらしいと読んだので、そちら方面に行ってみたのですが、地元の人でいっぱいのお店は、1人ではハードルが高すぎるし、油っこいものを食べたい気分でもなく。

ふらふらしていたら、ロッテホテル側にプレミアムフードマーケットみたいな看板を見つけ、入ってみると、いくつかの飲食店とスーパーマーケットがありました。そこで、思いきって、お粥とビビンパのお店に入ってみましたが、閉店間際だったようで(言われたときは分からなかった)、お粥ならと英単語交じりで言われたので、そもそもお粥が食べたかったので、OKと言って、一番人気と書いてあるお粥メニューを注文しました。

まだ8時前だったので、そんなに早くお店が閉まるとは思わなかったのですが、そのあと入ってきた人に、今日は〜と言ってたのが聴こえて、片付けとかゴミ出しとかを始めてたので、大急ぎで食べ終わりました。ギリギリでも受け付けてくれたことに感謝です。すごく美味しくて、疲れが癒されました。

この日は、tvNで始まったイ・ジョンソクのドラマを見てから就寝。12月には、ヒョンビンの「アルハンブラ宮殿の思い出」第1回を見たのですが、終わって、次が始まるの、早っ!!