エンタメ

韓国(と日本)主要空港出国審査後エリア(荷物検査後エリア)のごはん処

2018年12月から2019年5月までのたった半年の間に、日本では成田国際空港と羽田空港、韓国では仁川国際空港、金浦国際空港(国際線、国内線)、光州空港、大邱国際空港、金海国際空港(釜山)を利用しました。何を一番知りたかったかというと、

「荷物検査あるいは出国審査が終わった後のエリアで、ちゃんとごはんは食べられるのか?」

ということです。
スケジュールが詰まりすぎていて、ホテルでも街中でもちゃんとごはんが食べられる機会が少なく、唯一ゆっくりできるのが空港内というのもあり、うっかり早く入りすぎて、当てが外れると、出発までお腹を空かせてぼーっと待つしかなくなりますから(泣)

羽田空港国際線ターミナル

出国審査前は、レストランやカフェが充実していますが、出国手続­きを済ませて中に入ると、選択­肢は多くありません。特に、ANAのゲートがある右側には簡易的なカフェがあるだけで、 パンやサンドイッチぐらいしかない ので、余裕があれば、中央より左側でごはんを食べてからゲートに行くのがおすすめです。そんなに広くないので、あわててゲート前に行かなくてもいいのではないかと思いました。

成田国際空港第1ターミナル

LCCで第1ターミナルをよく使いました。出国手続き前も、ファースト­フードやショップが充実している成田ですが、出国審査が済んだ後のエリアにも、ファーストフード(マクドナルド)や一風堂、洋食屋さんなどがあります。ただ、洋食屋さんは高いです。一風堂とマックがものすごくリーズナブルに思えてきます。夜遅くなってくると、ゲート近くの店が閉まってしまうので、ゲート近くの店まで行こうと思わない方がいいです。(LCCでは夜遅く出発する便 をよく使うので。)

金浦国際空港国際線ターミナル

出国審査が済んだ後のエリアには、あまり店が ありません。空港が小さいということもありますが、入って左手にワンプレートのごはん屋さん、右手にうどん屋さんとカフェがあるくらいです。早朝出発すぎるとワンプレートごはんはやってないかもしれません。たしか7:30ごろが開店時間だったと思います。また、カフェは時間が経つほど激混みになります。

ワンプレートのお店で朝から豪勢に鮑粥を食べたのが、唯一のちゃんとしたごはんだったことも!

金浦空港国内線ターミナル

国際線ターミナルよりにぎわっています。各階のロビーにはカフェがいくつもあります。

荷物検査後のエリアには、お店は多くありませんが、定食系を食べられるお店のほか、スタンド系のカフェなどがあります。ゲート前に椅子がたくさんあるので、マフィンなどを買ってぼーっと食べてた記憶があります。

仁川国際空港第1ターミナル

第1ターミナルしか行ったことがありません。さらに、シャトルトレインを利用して、離れ たところにあるサテライトターミナルに移動した場合です。

フードコート形式のイートインスペースが左右両方にあるほか、イタリアンレストラン、パン屋さん、カフェなどがあります。ゲート近くにもスタンド系のカフェがあり、食べる場所には困りませんし楽しいです。市内からは遠いですが過ごすのが一番楽しい空港です。個人的に。

光洲空港

内も外も殺風景で何も楽しみがない空港です(汗)出発ロビーに1軒ごはん屋さんがあります。荷物検査を通った後に店はありません。自動販売機があるのみです。

大邱国際空港

こじんまりとした空港ですが、出発ロビーにはカフェがいくつかあり、出国審査後エリアにはスタンド式のカフェ(Angel in us coffee)が1軒ありました。自販機しかないより全然ありがたかったです。

金海国際空港

国内線でソウルに戻る時に利用したので国際線とは違うかもしれません。
荷物検査後エリアにもちゃんとしたカフェが2軒あり、ちょっとしたおみやげもの屋さんがありました。

前回は、はりきって早く入りすぎたので、 Angel in us coffeeで1時間以上を過ごしました。カフェがあって助かりました。しかも、Angel in us coffeeにはソフトクリームもありますし、美味しいパンケーキもあるのです!(好きなのです。)

以上、非常に大雑把ですが(笑)自分の備忘録も兼ねて書きました。

ABOUT ME
Kumi
テクニカルライター/技術翻訳者 主に、iPhone、iPad、Mac関連の記事を各種Webメディアで執筆。またCNET Japanでは10年以上ブックレビューを連載中。「シゴタノ!」では、ガジェットのほか文房具に関する記事も多数執筆。 韓国ミュージカルにハマると同時にブログも再開。 ハムスターと猫を愛するフィーリング重視のライターです。