エンタメ

劇団ぼるぼっちょ第2回番外公演おどるぼっちょ『昨日の国のネリー』

少し時間が経ってしまいましたが、劇団ぼるぼっちょ第2回番外公演おどるぼっちょ『昨日の国のネリー』を2019年7月13日(土)マチネ、7月15日(月)ソワレを観に行ってきました。場所は、中野富士見町にあるザ☆キッチンNAKANOです。

Contents

出演

池田美佳

手代木花野

梶田留以

橋田康

加賀谷一肇

五十嵐結也

碓井菜央

伴奏:杉田未央

作・演出:安倍康律

(敬称略)

感想

これまで、ぼるぼっちょの公演と言えば、いつも明るく、ほっこり笑えるものばかりでしたが、今回はかなり異色の作品でした。ほぼ、踊りと台詞とピアノ伴奏のみで展開される「演劇」でした。

大好きなダンサーさんたちばかりが出演されていたので、やはり踊りを楽しみにしていましたが、踊りはもちろん凄いのですが、踊りとか台詞とか動きとか、何かそういう物理的なものを超越したところにある「概念」とでも言うべきものが、ぐわあっ!と襲ってくる感じで、ぼるぼっちょの公演を観て、自分の人生について考えさせられるとは、思ってもいませんでした。2回目に観たときは、深く心に刺さってきて、思わず泣いてしまったほどです。

菜央ちゃんの声が好きなんですよね。不思議なトーンの声で、こういう声の人、他にはあまり思い浮かびません。本当に良い役者さんになったなあと、改めて感動しました。まだまだ未知の世界を見せてくれると思うので、これからがとても楽しみです。

池田美佳さんは、地球ゴージャスの『Love Bugs』以来ですが、パワフルでいて繊細な踊り方が本当に素敵です。初めて観たのは義くんの『BOLERO』ダンス公演でしたが、それ以来大好きなのです。

橋田康さんと加賀谷一肇さんのダンスも楽しみにしていました。どちらも、義くんとの共演で知ることができた素晴らしいダンサーさんたちです。間近で彼らの踊りをじっくり見られるなんて、とても贅沢な時間です。

ついつい足指の動きを食い入るように見てしまうのです。昔ダンスをやっていたのですがハンマートゥなため(骨格そのものがハンマーで、小さい靴を履いてたからとかではない)、思うように踏ん張れなかったので、プロのダンサーさんはどんな風な足なんだろうと興味深々なのです(笑)いやもう、凄かったです。足指の1本1本がバラバラに動く(笑)貴重な体験でした。

次回の本公演も楽しみです。

ABOUT ME
Kumi
テクニカルライター/技術翻訳者 主に、iPhone、iPad、Mac関連の記事を各種Webメディアで執筆。またCNET Japanでは10年以上ブックレビューを連載中。「シゴタノ!」では、ガジェットのほか文房具に関する記事も多数執筆。 韓国ミュージカルにハマると同時にブログも再開。 ハムスターと猫を愛するフィーリング重視のライターです。