エンタメ

ソウル編:光化門観光と郵便局

『エクスカリバー』が15時から3時間ほどの上演時間だったため、終演後もまだ外は明るく、まだ遊べそうな雰囲気でした。朝からさんざん歩き回ってるのに、せっかくだからと目の前に見えている光化門まで行ってみることにしました。

光化門

韓国に通い始めてから早7か­月。10回目の渡韓にして初めて、観光っぽいことをしました!とは言え、光化門の営業時間は18時半まで。見られる時間は20分ほど(笑)門を2か所ほど くぐったところまでしか行けませんでした。それでも、時代劇っぽい写真が撮れたので満足です。

この日の歩数は18,500歩以上となりました(汗)16,000で爪が死んで、治るのに丸一年かかったことがありましたが、今回はとても歩きやすい靴だったのと、歩くのにだいぶ慣れてきていたこともあって、爪が死なずに済みました。ちなみに、普段は5〜6000歩ぐらいです。毎日1万歩とかムリ!

郵便局でハガキを出す

さて、翌日は7月8日月曜日。帰る日ですが、お昼頃のANAなのでゆっくり過ごせる朝です。

ホテル近くのパリバケットで、サラダとフレンチトーストで朝ごはん。郵便局が開くのを待ちます。本日のミッションは、「韓国内から韓国内にハガキを出す」ことです。なぜハガキを出すのか。決まってますね。いろいろ忙しくて、日本からだと間に合わなさそうだったのです。

ホテルのある松亭駅の近くには小さな郵便局があります。月曜日の朝一で郵便出す人も少ないらしく、お客さんは私しかいませんでした。郵便を取り扱っているのは赤い窓口です。一応、番号札を取りましたが、取ったと同時に目の前で呼ばれます(笑)

ハガキを差し出して、身振り手振りで「これを出したい」と伝えると、何か聞かれました。「?!」

リターンアドレスがどうこうと言われましたが韓国語です。優しい女性の局員さんが嫌な顔もせず何度か言い直してくれて、ようやく分かりました。私は差出人の住所をもちろん日本の住所にしていたのですが、「韓国内の住所はないのか?」と聞かれていたのでした。「ありませんが、ないと出せませんか?」と聞いたところ、大丈夫とのことで、470ウォンのお支払い。あまりないケースだったようです(汗)

ふ〜っと一息ついて帰ろうとしたところ、最後にその方が「なんとかかんとかで、カードを送るのね〜」的なことを言ってにっこり笑ったので、つられて一緒にあはは〜と笑いましたが、すみません、なんとおっしゃったのでしょうか(泣)まあ、送り先は見えてるわけなのでそれ的なことを言ったのだろうとは推測できますが、もっと韓国語を勉強しなければ(毎回言ってる)!

ロッテモール金浦空港店

さて、それでもまだ時間ぎ少しあったので、初めて、ロッテモール金浦空港店に立ち寄ってみました。今までは、まったく立ち寄る時間がなかったのです。

サッと見ることしかできませんでしたが、きれいで広い書店や文具店が入っていたり、美味しそうなお店がたくさんあったり、超楽しそうではないですか!映画館もありますし。『배심원들』の時は行けなくて残念でしたが。今度はもっとゆっくり立ち寄りたい!!

というわけで、結局最後は時間が足りなくてばたばたしてしまいましたが、超充実の旅でした。

ABOUT ME
Kumi
テクニカルライター/技術翻訳者 主に、iPhone、iPad、Mac関連の記事を各種Webメディアで執筆。またCNET Japanでは10年以上ブックレビューを連載中。「シゴタノ!」では、ガジェットのほか文房具に関する記事も多数執筆。 韓国ミュージカルにハマると同時にブログも再開。 ハムスターと猫を愛するフィーリング重視のライターです。